春の気配   

2012年 02月 24日

 ようやく日差しにも力を感じるようになりました。が、春告草の梅の花は目覚めず眠ったままです。それでも小鳥たちがやってきて何やらお喋りをしています。
*世間も騒がしく、少子高齢化とかで年寄りが増えて年金は嵩み大変だと言う。耳が痛い
長寿を祝う言葉も白けてくる。年寄りには肩身が狭い。
 凡人には理解できないが、何かが間違っているように思えてしましまう。
[PR]

# by asks2031 | 2012-02-24 16:04

ブログ講座   

2011年 11月 30日

ブログ講座
シニアネット大分
[PR]

# by asks2031 | 2011-11-30 10:25

  

2011年 10月 18日

 冷たい朝秋の日差しが斜めに差し込んでいる。
f0153759_116285.jpg

[PR]

# by asks2031 | 2011-10-18 11:06

赤面の至り   

2009年 01月 12日

 恥をかいて赤面する事は間々あることです。が、決して恥ではないのですが、思い出す度に頬が熱くなることがあります。中学何年生の頃かは忘れてしまったが、当時、社会科か何かの、教頭先生の授業がきっかけで地理にめざめ、家にあった旧制中学の地理か何かの教科書をノートに殆ど丸写しして学校へもって行き、職員室の教頭先生の机の前に立って、ノートを差し出すと先生は目を通して、朱筆で大きな円に優と書いてくれた。其のことが嬉しくて、家族の皆が寝静まっても机に向かっていた。其の頃近所の女の子がよく泊りに来ていた。彼女は何も言わずにじっと机の傍に座っていた。案外其のことも励みになっていたかも知れない。せっせとノートを運び二重円三重円に秀とか優秀の朱筆を重ねた。生来人見知りの自分が職員室に入ることが出来たのか、今もって不思議である。〝豚も煽てれば木に登る〟の類かも知れない。
 当時農繁期には学校は休校になり、学校で飼っている鶏などの世話や掃除などを非農家の自分たちが交代で行った。そんな時、教頭先生から鶏に餌をやらなかったと言って酷く叱られた。身に覚えのないことであった。どうしてそんな事になったのか分からない。そんな事もあって、ノートを運ぶ事はなくなった。其の時の通信簿にその科の三項目に五が付いていた。
後にも先にもない事である。時折思い出しては頬を染めている。
[PR]

# by asks2031 | 2009-01-12 11:25

迂闊な話   

2008年 11月 12日

 最近テレビなどのアナウンサーの言葉に乱れを感じている。言葉の乱れが言われて久しいが、ついにアナウンサーにまで広がったかと思っていたところ、最近「食味風風録」の朗読をCDで聴いていたら其の中に「スニーカー」が「墨烏賊」に「世の中」が「最中」「汚職事件」が「お食事券」に聞こえてしまう行があった。ああ、そうか自分の聴覚の性であったかと思い知った。アナウンサーには申し訳ない事であった。
 随分前になるが、其れに似たような事があった。家のテレビを見ている時、テロップの文字が下の部分が少し隠れて見難いのはテレビ局のカメラがアップし過ぎるのではないかと思い込み、テレビ局に苦情の電話を入れた。其の時の事は忘れてしまったが、暫くすると、画面が狭くなり歪んでしまった。電気店に見てもらったらもう寿命で新しく買い換えなくては駄目だとのことであった。新しいテレビが届いて見て見るとテロップはきれいに入っている。長く生きていると是に似たような、勘違い、思い込みは数え切れない程あるようである。
[PR]

# by asks2031 | 2008-11-12 16:13